チラシの裏からうっすら見える外枠の外のメモ書き

新聞に挟まってる硬い紙のチラシの裏からうっすら見える外枠の外に走り書きされたようなものです。思いついたときにふらふらと。

さくらのクラウドを無料体験してみる

以前開催されたIoTとクラウドの講習会に参加した際に、さくらのクラウドお試し券をもらったので、これを使ってクラウドを体験してみたいと思います。

 

お試し券はこんな感じです。

f:id:k-hyoda:20170829020936j:plain

切符みたいなデザインでなかなかいい感じです。

裏面には、申込方法、申込期限、そして無料体験が可能な有効期限や注意事項が記載されています。

特に、無料体験可能な有効期限は利用開始から3ヶ月以内となっているので、低価格なプランを選んでも3ヶ月を超えて利用することはできないのかもしれません。

 

では早速登録してみましょう。

 

 

さくらのクラウドを利用するためにはクレジットカードが必要となります。

もしクレジットカードを持っていない場合、auウォレットでも代用が可能です。

また、携帯電話などによるSMS認証が行われるので、電話認証が可能な状態にする必要があります。

 

まず、電話認証からです。会員ログインを済ませた後、さくらのクラウドトップページより、「いますぐ始める」を選択し、次のような画面へ移ります。

f:id:k-hyoda:20170829022536p:plain

ここで、電話認証可能な電話番号や方法を選択し、電話認証を行います。

 

電話認証が完了し画面に従って移動すると、さくらのクラウド ホームへ移ります。

f:id:k-hyoda:20170829022826p:plain

 

画面左端の「アカウントの作成」を押して、今回利用するアカウントを作成します。

f:id:k-hyoda:20170829023110p:plain

各種必須事項は適当に入力し、決定します。

 

アカウント作成後、再びサービスへ戻ると画面内の様々なサービスが利用可能になります。

今回利用するのはさくらのクラウドですので、それをクリックします。すると、クレジットカードエラーが発生することがあります。

発生しないのであれば、既に他のサービスの支払いなどでクレジットカードを登録済みとなっている場合があります。

f:id:k-hyoda:20170829023509p:plain

ここで、クレジットカード情報の登録を行います。

auウォレットを試してみましたが、クレジットカードとして認識されませんでした。

f:id:k-hyoda:20170829023604p:plain

画面に従って各項目を入力すれば完了です。

 

サーバ一覧のページをリロードすると、エラーが表示されなくなっているはずです。

次に、右上にある「設定」をクリックします。

f:id:k-hyoda:20170831185033p:plain

すると、設定項目が画面に表示されます。

この中から、「クーポン」を選択し、画面に従って入力します。

正しく入力できれば、画像のようにクーポンが表示されます。

f:id:k-hyoda:20170831185535p:plain

 

この後1日ほどすれば2万円分のチャージが行われます。

 

手続きはそんなに難しくないですが、クレジットカードが必要な点、即時チャージでない点は少し注意すべきでしょう。

C言語で演算速度の測定

今年の夏はどうやら冷夏なようで、暑い日がそんなになかった感じ

まだ夏は終わってないんですけどね。

 

さて、今回はCPUの演算速度の中で「乗算と除算、どちらが高速か」ということを調べてみたかったので、これを計測するプログラムを作りました。

仕組みはいたって簡単で、ループ毎に各演算をして、その演算にかかった時間を計測するだけです。

ソースコードは以下のとおりです。

 

C言語による演算速度の計測

 

これをコンパイルして実行してみます。

実行環境

CPU : Intel Core i7 4790K(定格)

メモリ : 16GB

コンパイラ : gcc

すると、以下のような結果が出ました。

f:id:k-hyoda:20170819185126p:plain

f:id:k-hyoda:20170819185129p:plain

このように、各四則演算の中でも、乗算が最も早く、除算が最も遅いことがわかります。

加算と減算はどちらも同じぐらいに見えますが、やや減算のほうが高速なようです。

では、ここで最適化オプションを適用して、再度コンパイルしてみます。

 

実行環境

CPU : Intel Core i7 4790K(定格)

メモリ : 16GB

コンパイラ : gcc(最適化オプションとして-O3適用)

すると、以下のような結果となりました。

f:id:k-hyoda:20170819185139p:plain

f:id:k-hyoda:20170819185142p:plain

 

このように、最適化オプションを設定すると、四則演算は高速化しますが、加算だけあまり最適化されないようです。

特に、除算に関してはかなり高速化しており、加算や減算よりも速くなっていることがわかります。しかし、乗算に関してはあまり高速化されていないようです。

 

 

私が今回調べたかったことは、「乗算と除算、どちらが高速か」ということです。

これらの結果から、除算よりも乗算のほうが高速であることがわかりました。

除算は乗算に比べて計算速度が遅いですが、最適化オプションによっては若干高速化を期待できます。

一方、乗算に関しては高速ですがO3の最適化オプションの恩恵はあまり得られないようです。

さくらのレンタルサーバでC++のCGIを動かす

Webアプリケーションを作るときに、PHPを使うのも速度的になんだか嫌な感じがしたので、今回は少しお遊びな感じでC言語CGIを作成して、それを実行してみました。

ただ、今回はソースコードの仕様上C++でないとコードが動作しなかったので、C++を使用します。

 

サーバは、さくらのレンタルサーバ スタンダードプランで、特にshellをいじったなどはしていませんが、teratermでログインしてコンパイルレンタルサーバ上で行います。

 

続きを読む

学生目線でのBYOD経過報告 前期中間

私の学校では、一部でBYODを試しています。

昨年度から、紙面などで保護者向けに通知があり、晴れて今年度から実際にノートパソコンを持ち込んでの授業が行われています。

今回はこれまでで感じたBYODに関することを、学生目線でご紹介します。

ただし、ここに書く内容は一個人の感想であり、全体の総意ではありません。

 

続きを読む

Visual Studio Codeで簡易的なC/C++のデバッグ(2017年4月版)

最近花粉症で鼻が辛い。

新年度が始まり、環境もやや変化したためその移行作業を行っている。変化したと言っても大幅に変化したわけではなく、ちょっとしたことなのだがそれが多いと面倒事も増える。今日はその面倒事の一つだった、Visual Studio Codeで簡単なC/C++ファイルのデバッグを行う方法について解説したい。

 

既にほぼ同じ内容の記事がたくさん公開されているので一見準備に困りそうにないのだが、地味に痛い点があったのでそこを中心に解説する。ただし、この記事はWindows向けの内容であり、macLinuxなどの別OSに関しては対象としていない。また、既にある記事を元に書いているため、以下リンクと合わせて読んでいただければ幸いである。

gabekore.org

 

続きを読む

インターネット回線の乗り換え

春は色々と忙しい季節だ

 

特に、卒業、入学、就職といった様々な物事の終わりと始まりが重なる。

それに合わせた様々なサービスも行われ、春の安らいだ雰囲気はどこ吹く風といった次第だ。

 

今回はそんな中で、インターネット回線についての話題をしようと思う。

続きを読む

Switch、発表されました

どうやら今冬で一番強いだろう寒波がやってきているようで

 

大したことはないけどとても寒いので、今日は私的にホットな話題を

 

1月13日(金曜日)に、Nintendo Switchの詳細発表が発表された。

 

価格、発売日を始め、同時にSwitch向けのゲームタイトルが紹介された。

 

www.nintendo.co.jp

 

今回はそれらを交えながら、任天堂が目指しているのではないかと思うゲーム業界の未来像について書いてみる。

 

続きを読む