読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏からうっすら見える外枠の外のメモ書き

新聞に挟まってる硬い紙のチラシの裏からうっすら見える外枠の外に走り書きされたようなものです。思いついたときにふらふらと。

インターリンクからのお返事

前回、回線速度について記事を書いた。

今回はその続き、インターリンクからの解答編となる。

今日は昨日と比べ涼しい一日だった。

少しお腹を壊しそうになるぐらい。

では本題に移る。

 

 

前回の記事の通り、インターリンクの回線が異様なほどにまで遅かったため、問い合わせを行った。

それの結果が次のとおりだ。

 

ネットワーク事業者に調査依頼したところ、夜間帯のトラフィックに帯域制御が働いていた

 

とのことだ(一部省略及び編集済み)。

帯域制御とは、事業者が持つ回線帯に高いトラフィックをかけると多くのユーザーの迷惑となるため、それを制御するための仕組みだ。

つまり、私が利用していた回線(正確には回線受口)が帯域制御の中に含まれていたのだ。

 

解決方法としては、回線(回線受口)を切り替えるという方法がある。

簡単に言えば、ルータを再起動すればいいのだ。

 

ということでルータを再起動。

動画はスムーズに読み込めるようになり、niconico生放送も止まることはなくなった。

これでとりあえず一安心...となるところだが、まだ少し不満がある。

 

まだ回線が若干遅いのだ。

以前ほどではない。以前に比べれば改善したほうなのだが、これで光回線だと言うのはちょっと無理があるのではないかという速度だ。

インターリンクの指定した回線速度測定サイトを利用した結果、次のような速度となった。

 

下り1.45Mbps 上り81.63Mbps

 

1Mbpsを切らないのでマシかもしれない。だが光回線のベストエフォートとはこれなのだろうか。

ベストエフォートは、事業者が回線速度の安定に最大限努力するというものだ。

前に利用していたプロバイダ(Yahoo!BB)は、ベストエフォートなので仕方ないと完全に割り切っていたが、今回はどうなるのか。

こちらについてはまたインターリンクに問い合わせを行っているのでまた今後別記事で書きたいと思う。

 

 

そういえば、auひかりをご存知だろうか。

最近勧誘の電話がかかってきて、乗り換えないかと言ってきた。

速度が低下するようであれば乗り換えないと連絡し、とりあえず資料を送るとのことで通話は終わったのだが、後日送られてきた資料を見てもいまいちピンとこない。

auひかりに乗り換えて(もしくはauひかりからインターネットをはじめて)速度はどれぐらいなのか、夜間は安定しているのか、何か不満はないか教えていただきたい。

今後インターリンクの対応によっては、乗り換えを検討しようと思う。