チラシの裏からうっすら見える外枠の外のメモ書き

新聞に挟まってる硬い紙のチラシの裏からうっすら見える外枠の外に走り書きされたようなものです。思いついたときにふらふらと。

任天堂「NX」、それは次世代の据え置きゲームのあり方か

もうすぐBF1が発売されるという最中、任天堂公式Twitterアカウントが次のようにツイートした。

 

 

これまで任天堂から全く情報が公開されなかったハード「NX」の情報が公開されるのだ。

今日は正直BF1よりこちらの方が関心が高い。

つい先程映像が公開されたのだが、一体どのようなハードなのか見ていこうと思う。

 

 

 

下がその動画で、およそ3分程のものとなっている。

 


【初公開映像】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)

 

さて、この動画から画像を取り込んだので、それを見せながら解説を入れていこうと思う。

なお、ハードとの関係性が深くないと判断した部分に関しては含まれないので、全体を確認したい場合は動画を見てほしい。

 

 

このハードが登場するのは、男性が早朝にリビングで「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」をプレイしている所だ。

テレビ画面にはゼルダが馬に乗って敵を倒している様子が映し出されている。もちろん映像はHD画質だ。

その左下で、緑色のランプが点灯する機械が一つ。

それがこのハード「Nintendo Switch」だ。

f:id:k-hyoda:20161020235328p:plain

 

Nintendo Switchは、据え置き機なのだろうか。それは正解でもあるし、間違いでもある。

どうやら、散歩の時間なので犬がウロウロと男性の周りをうろつく。散歩のためにゲームを中断?そんなことはしない。

まずはコントローラーの左右を取り外す。

f:id:k-hyoda:20161020235623p:plain

 

そして、コントローラーを先程のハードに差し込む。

f:id:k-hyoda:20161020235804p:plain

 

あとはハードを引っこ抜けば、持ち運び可能な携帯端末へ早変わり。

f:id:k-hyoda:20161020235916p:plain

 

取り外すとすぐに端末の方へ映像が切り替わる。もちろん、ゲームの続きからプレイが可能だ。

f:id:k-hyoda:20161021000021p:plain

 

出先でも、家の中と同じゲームをプレイ。サイズはWiiUのGame Padと同じぐらい?

f:id:k-hyoda:20161021000114p:plain

 

挿し込んでいるのはゲームのカートリッジのようだ。

f:id:k-hyoda:20161021000220p:plain

 

スタンドを起こして。

f:id:k-hyoda:20161021000339p:plain

 

左右のコントローラーを取り外せば、ハードの画面を小さなディスプレイとして使用できる。

f:id:k-hyoda:20161021000447p:plain

 

こんなコントローラー、滅多に持たないよね。

f:id:k-hyoda:20161021000534p:plain

 

携帯端末ならば、車の中でのプレイは当然のこと。

f:id:k-hyoda:20161021000631p:plain

 

落ち着ける場所についたら、端末をスタンドに戻して

f:id:k-hyoda:20161021000712p:plain

 

次はこのコントローラーでプレイ。

f:id:k-hyoda:20161021000750p:plain

 

もちろん、ゲームは出先の続きから。

f:id:k-hyoda:20161021000827p:plain

 

好きなときに好きなゲームを

f:id:k-hyoda:20161021000900p:plain

 

マリオカートを車内でプレイ。

f:id:k-hyoda:20161021000943p:plain

 

友達とプレイしよう

f:id:k-hyoda:20161021001035p:plain

 

もちろん、左右のコントローラーをシェアして

f:id:k-hyoda:20161021001125p:plain

 

コントローラーのサイズは若干小さめ。新しく発売される「クラシックミニ ファミリーコンピュータ」のコントローラーと同じくらいだろうか。

f:id:k-hyoda:20161021001231p:plain

 

2台の端末を使って

f:id:k-hyoda:20161021001355p:plain

 

4人でプレイ。もちろんコントローラーはシェア

f:id:k-hyoda:20161021001419p:plain

 

協力してプレイ

f:id:k-hyoda:20161021001446p:plain

 

普段は板状のコントローラー

f:id:k-hyoda:20161021001527p:plain

 

友達のもとへ行くときは、左右のコントローラーをハードへ取り付けて

f:id:k-hyoda:20161021001615p:plain

 

取り外す。ゲームは続きから

f:id:k-hyoda:20161021001645p:plain

 

コントローラーの一方を友達に渡して

f:id:k-hyoda:20161021001715p:plain

 

一緒にプレイ。

f:id:k-hyoda:20161021001740p:plain

 

表示されているのはスプラトゥーン

f:id:k-hyoda:20161021001817p:plain

 

大会では、各自がハードを持参。ステージのスタンドにセットする

f:id:k-hyoda:20161021001931p:plain

 

ディスプレイには、ゲームの映像が

f:id:k-hyoda:20161021001956p:plain

 

Nintendo Switch

f:id:k-hyoda:20161021002024p:plain

 

発売予定は、2017年の3月ごろだろう

f:id:k-hyoda:20161021002104p:plain

 

 


【初公開映像】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)

 

 

さて、ここまでで動画のすべてに当たる情報を解説したが、少し補足の解説を行う。

 

まず、このNintendo Switchだが、ゲームを据え置き機として、そして携帯機としてプレイが可能となる。

つまり、ゲームをプレイする時間の少ない若者にとっても、手軽に遊べる端末となるのだ。

この点で重要なのは、据え置き機のゲームとしての性能を携帯機が持っているという点だ。

このハードを制作するに辺り、グラフィック関連の技術を保有するNVIDIAと協力してNVIDIA Tegraというプロセッサのシリーズを採用している。

 

また、据え置き機として任天堂がこれまでずっと保ってきた「友達や家族とのプレイ」が、このコントローラーによって実現していることも十分に評価できる。

 

f:id:k-hyoda:20161021003714p:plain

 (画像は、Nintendo Switch | 任天堂 より)

 

上の解説では触れなかったが、映像の一部に「Skyrim」が含まれていたり、スプラトゥーンの映像も次回作なのではないかという情報が広がっている。

 

また、現時点で参入が決定したソフトウェア企業は以下のとおりだ。

f:id:k-hyoda:20161021003511p:plain

(画像は、 Nintendo Switch | 任天堂 より)

 

このNintendo Switchは、据え置きゲーム業界が衰退していく中で、それに対抗する新たな手段を見せてくれるのではないかと私は思っている。

今後の任天堂、及びNintendo Switchの動向に期待したい。