読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラシの裏からうっすら見える外枠の外のメモ書き

新聞に挟まってる硬い紙のチラシの裏からうっすら見える外枠の外に走り書きされたようなものです。思いついたときにふらふらと。

「D4: Dark Dreams Don't Die」をプレイして

レビュー

少し前、動画共有サイトniconico」で、D4: Dark Dreams Don't Dieの動画を見た。

 

このゲームは簡単に言えば、推理系QTEゲームである。当初はXboxで発売されたときはKinectを利用してプレイするゲームだったものなのだが、これがマウス操作に対応してPC版として発売されていた。

 

ストーリーがとても気に入り、近いうちに購入したいと考えていた。すると、steam(PC版の発売サイト)が狙っていたかのようにセールを始めたのだ。

 

70%程度オフになるセールだったので、買わない訳にはいかないと購入。

 

購入後にDeluxe Editionがあったことに気づき、急いでsteamへ返金リクエストを申請。

 

steamは購入後も何らかの理由によって購入を取り消すことができる。条件はあまり良くはないが、こういった場合には便利だ。

 

返金リクエスト後、セールが残り2時間となっていたため、steamからの承認を得る前にとりあえずDeluxe Editionを購入。

 

次の日にはsteamからリクエストが承認されていたので、早速インストールしてプレイした。

 

 

 

やはりこのゲームは面白い。

 

特に、音楽がいいと思っている。もちろん、音楽以外も素晴らしいのだが、ストーリーに、そして場面にバッチリ合う音楽は私のお気に入りだ。

 

またこのゲームは海外ドラマ風になっており、ゲームというよりもドラマを鑑賞している気分になれる。

 

QTEも突然始まるわけではなく、下にいつ来るかが表示されるため、クソゲーあるあるの突然のQTEからのゲームオーバーはならない。

 

キャラクターはそれぞれが非常に個性が濃く、主人公は過去へ移動する際にDaisukeポーズ(私はそれにしか見えない)をするのだが、ついそれに合わせてマネをしたくなってしまう。

 

警部(テディ)は大食いにも程が有るのではないかと思うが、アメリカンサイズだからああいうものだろうと思っておこう。

 

展開については語れないが、このゲームで残念な点がひとつある。

 

それはゲームの終わり方についてだ。

 

 

このゲームは先程のとおり、海外ドラマ風になっている。

 

つまり、何エピソードかに話が分かれるのだ。

 

もちろん、話がおもいっきり変わるわけではないが、ゲームの終わり方はもう少し別のものがあったのではないかと思う。

 

ゲーム自体は何本かに分けて出す予定というのはわかるが、あの終わり方をするのであれば、2作目は早めに出すべきだ。

 

もちろん、制作会社の事情もあるだろうが。

 

 

終わり方があまりにもあっけなかったので、クレジットが流れた際は終わりだと一瞬気づかなかった。

 

もちろん、それで2作目を購入しないことはないので、早めに出して欲しい。

 

Access Gamesさん、早めにお願いします。

 

 

ところで、起動時に出るあの猫のようなキャラクターは何?